中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

アカデミー賞

今月23日にノミネート作品が発表され、2月25日に受賞式が行われる。
時のハリウッドスターが素顔で一堂に会する機会なので、とても楽しみではある。

先日15日、前哨戦とされる「第64回ゴールデン・グローブ賞」の発表・授賞式が行われ、
渡辺謙らが出演した『硫黄島からの手紙』が外国語映画賞に輝いた。
『バベル』で助演女優賞にノミネートされていた菊地凛子が受賞を逃した。らしい・・・

『硫黄島・・・』の受賞は1930年生まれ、
御年79歳のイーストウッドへのオマージュととらえることもできるが、
特にここ数年のハリウッド映画はジャパンマネーを狙った戦略が露骨過ぎやしないだろうか?

残念ながら後者はまだ拝見していないので判らないが、
そもそもブラッド・ピット主演というだけでそれらしく思えてくる。

今日の記事では『どろろ』(♪ほんげほんげたらたらほんげたらほ♪昭和40年代に、白黒アニメになった時の主題歌。なぜか私の通っていた小学校では給食時間に毎日かかってた。)の上映権をユニバーサルが買い取って米・英でも公開とある。
(妻夫木君は『ワイルド….3』にもちょっと出てたって?ふーん。『アルマゲドン』の冒頭に松田聖子が出てたようなもん?え、それより短い?『1941』の三船敏郎と比肩したらあかんわ。)島本町立第三小学校 島本三小

松坂大輔も松井秀喜も放映権やグッズや観光客etc.
やはり『ジャパンマネー』ばかりが目につく。
(イチローや井川はどうしても関西圏の球団やからなぁ・・・)

それらを鑑みると純粋な世界中の子供のハートをゲットした『ポケモン』はやっぱりすげー。

以上。