中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

鼻づまり~

今年の花粉の量は確かに多いんでしょうねー。

近年、大した症状も出ず抵抗力がついたもんだと思い込んでましたが、
この数日であっさりと裏切られました。

目がかゆく、鼻腔の奥をこよりで常にいじられてるようなむずがゆさ。
なった人にしか理解できない上に、見た目では他人からは解ってもらい難いこの症状。
ま、同情してもらっても仕方のないことだし、それさえもどうでもいいって感じになる脱力感。

それらを差し置き、個人的には常時つまってる鼻が何とも表しがたいイライラを募らせ、一番辛いっす。

何を食べても味がしないし、嗅覚も限りなくゼロで、食事の楽しみが全くないっす。

世の中には先天性も含め、不治の病などで味覚障害を持った方がたくさんおられるようですが、
これは人間としてかなり辛いことだと思います。
よく『三大欲』のどれが我慢できるかみたいな話を耳にしますが、
睡眠はとらなきゃ死んでしまいますし、性欲が我慢できるのも当たり前のことで。
もちろん食べなくては生きれませんが、
満腹感を得られても、味わえないとなるととても『食欲』を満たしてくれてるとは思えませんので、
順位をつける時点で、マンとセブンがどっちが強いかってくらいナンセンス。

食事の量は年齢とともに減っていくのは当たり前ですが、味わう事に関しては一生モンですもんね。
僕はこの時期が過ぎればまた楽しめますが、一生と考えると本当にぞっとします。

花粉症の話に戻すと、いろんな治療法や薬がありますが、それぞれにデメリットはつきもの。
なのでお薬嫌いの僕の持論を申し上げるなら、
この花粉の飛散する時期に体調を崩したり、疲れの出ないようにすることが一番肝心。
至極当たり前のことのようですが、花粉症持ちの人にとっては普段より数倍気を使うべきです。
風邪を引いたり、寝不足などで体力が落ちてると鼻炎がおき、
まさしく「弱り目にたたり目」で更に花粉で悪化する負の連鎖が成り立ってしまうからです。
鼻の炎症さえ起こらなければ、くしゃみも目のかゆみも軽減され、
何とか我慢できる範囲内に落ち着くんじゃないかと。

ま、今期の僕はベテランにあるまじき完全な調整ミスですな。フッ。