中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

自動車業界の怖~い話。

こんばんは、あかです。

連日のように児童虐待のニュースを目に耳にしますが、なんでしょうね、これ。
ほんま、大丈夫か?日本。

さてさて、我々をとりまく自動車関連の法律や条例も不条理なことだらけ。
今日はそんな話を。

今の法律では車検の残っている車を【永久抹消】すると重量税が還付されます。
ところが【一時抹消】では還付されません。

前者は車を解体し、更に抹消した書類が手元に残らない状態。
後者はまだ車は現存していて、抹消書類(謄本)は手元に残っている状態。

ってそんなくだりは実はまったく必要なし。

重量税は主に道路の補修等に使われるため読んで字の如く、重量によって税額が
定められています。
皆さん車検の時に必ず払っておられるわけで、残っている車検を放棄(=廃車登録)
した時点で、この税金は必要なくなるわけだから・・・・・・・おい、返せよ。

個人情報保護法があるのにも関わらず、
何故か車検証の写しともいうべき登録照明というものが取れたりする。
身分証明さえ提示すればナンバープレートから住所、氏名が解るんですね~。
住所がわかれば104に電話すれば電話番号も判るんですね~。怖いですね~。
そんな中途半端な保護法律やめちまえ!!

排気ガスの規制なんかは京都はOKで大阪はダメ。
その境界線をまたぐ島本町と山崎、枚方市と八幡市にはどんだけの違いがあんねん!

リサイクル料も今となっては新車購入時に皆さんしっかりと払わされていますが、
使途もかなり曖昧なのに、事業仕分けの対象には上がってなかったよね。
この料金も海外に出た車は国内で解体しないのだから必要なくなるわけだけど、
還付請求しない限り、絶対に戻ってこない。先の重量税も同じ。
これらの未換金の率も相当なもののはず。その金はどこで何に使われてんねん!

あほらし。。。おやすみなさいzzz・・・