中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

泣く子も眠る 丑三つ時・・・クラクションのはなし

はい、どうも。あかです。

 

いつもの帰路には、

いわゆる『生活道路』と呼ばれる地元民が愛用する狭い路地がありまして。

 

乗用車が対向できない道でして。

その区間800メートルほど。

もちろん退避場所として

ガードレールが途切れている箇所がいくつかありまして。

その道のその区間の両側はほとんどが民家でございます。

 

で、夜間にそこを通りますわな。

で、対向車のヘッドライトが見えたら

退避場所で停まってやり過ごそうとしますわな。

 

その時、対向車の立場からすると大概の方は、

『あいさつ』というか『お礼』として、

手をあげるなり、パッシングするなりしますわな。

 

僕は後者でも上から目線的な行為なんで、

一瞬ヘッドライトを切ってすぐに点けるようにしていますねん。

 

そこでこのタイトルの時間のはなしです。

 

深夜、民家が密集してる生活道路で、

クラクションを挨拶代わりに鳴らしていくあの気遣いのなさが考えられん!!

しかもそういう奴に限ってホーンの音でかいねん!!

 

コメント

  1. 佐藤 より:

    警音器使用制限違反、ということで、警察に検挙を要請してはいかがでしょうか?
    該当車のナンバーや特徴、主に鳴らす時間帯を伝えておくとよいかもしれません。
    指導や警告、検挙といった対応をしてくれるかもしれませんし、してもらうまで粘りましょう。クラクションはれっきとした自動車の公害、騒音公害に該当し、反社会的な行為なのでもありますから。