中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

●我が愛しのサントラ~①~●

どうも。ご無沙汰しております。あかです。

単にネタが無かったってのもありますが、世情や他人の批判じみてばかりになって人間的に荒んでしまいそうなので更新してませんでした!

 

てなわけで、本来の趣旨に却って好き勝手に趣味・趣向を書いちゃいます。

 

えー、まず、僕は洋画好きです。社交的ですが結構なオタクです。

で、映画を観るうえにおいて個人的にかなり重要なのが音楽です。サウンドトラックってやつ。

昔はyou tubeもDVDも無かったのでお気に入りのサントラでしか余韻に浸れませんでしたので、その分今より思い入れがあるのかもしれませんねぇ。

 

僕のオススメ第一弾はこれ

001

今は亡きクリストファー・リーブとジェーン・シーモア主演の『ある日どこかで』(原題:SOMEWHERE IN TIME)

音楽はアカデミー賞をはじめ数々の賞をお持ちで007シリーズでもお馴染みのジョン・バリーです。

 

映画の内容はあえて触れませんが、ロマンチックな曲が効果的に使われます。昨今流行りのチープでお涙頂戴的な歌はありません。

特に【ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲】は本筋にも絡んでとても印象的です。この映画で初めて耳にして、大好きになりました。

これでもかと流れ、エンディングまで繋がる【タイトルナンバー】は見事に世界観を表現していて秀逸です。

 

でも、意外と女性にはこの映画、ウケがよくないんだなぁ。やはり男の方がロマンチストなんでしょか。。。

ではまた次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲