中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

ハ・ン・コ

こんにちは。

 

《ペーパーレス》や《エコロジー》が呪文のように飛び交う昨今、

その紙に押す【印鑑】文化は滅びないのかを考察。

 

単純なアルファベットと違って画数の多い漢字ですから

ことごとくサインするのを想像するだけで憂鬱になりますよね。

確かに捺印だけだとスムーズです。

ところがその肝心なハンコが見つからなかったり、

思い込みや勘違いで実印や銀行印が間違えてたり。

実印なんぞは保管場所にも気を使いますし。

象牙を使用していると海外からの非難もちょっと意識したり。

 

 

ちなみに漢字の出処の中国はサイン文化なんですよ。

(偽造紙幣が横行する国なので急速にキャッシュレスが進んでるように、ハンコも改竄する輩が多いからでしょうか。)

 

 

さてさて、シャチハタを公的書類に適用にしたら?と思うのですが。

【朱肉印とシャチハタの違いは?】

シャチハタはインクなので紫外線による経年劣化が

あるのに対し、朱肉は鉱物を使用している為、長期保存の書類に適しているのだそうで。

 

うちみたいな吹けば飛ぶような会社の書類に

そんな厳格な書類ねぇし。控えも要らねぇし。

 

んでもって銀行印と通帳まで持って行っても大金を引き出すなら身分証明提示って。

ハンコ要らんやん。

印紙に割印もなぜ要るの?ペンでチェック入れりゃあいいじゃん。

自動車の登録に使う委任状なんかは訂正印も認められず、捨印も無効。

 

あー、めんどくせぇ。

 

次回は【印紙は要るのか】で愚痴るか。

 

悔しかったら偉くなりなさい。

、という話さ。