中古車販売 Garage FIRST-大阪府茨木市-

福島沖地震

一昨日の夜中に東北沖でおきた大地震。

個人的にもとてもお世話になっている福島県沖が震源地とあって、

TVをほとんど見なくなって僕でもさすがに点けてみた。

既に専門家が神妙な面持ちで、10年前の余震だと解説している。

大自然のことで、メカニズムの真偽は誰にも解らない。

そんなことを聞いたところで今後のなんの防災にもならない。

 

発生直後の深夜の報道で、地元の方に電話インタビューをしていた。

応えているおじさんはライフラインはストップしているが被害はたいしたことはないという。

それに対し、アナウンサーは何かスクープになるような重大な損害がないか、

怪我人はいないかを必死に聞き出そうとしている。

再三再四、同じ質問を繰り返し、最後には上っ面だけの見舞いの常套句。

『ご家族の安全を確保しながら、もちろんご自身も充分にお気をつけください・・・・・云々』

 

個人的に聞くと屈強な高校生男子でさえ10年前の記憶が蘇って泣く子たちがたくさんいたらしい。

戦争の惨状を理解しようとするのと同じで、経験した人にしか解らないんだろう、と深く思う。

 

軽々しく共感した(と本人は思い込んでる)フリをしている言動を見聞きするのも虫唾が走る。

 

歳だろうか。

こんな突っ込みばかり考える僕はただの頑固ジジィになっていくのだろうか。

と最近まじめによく考える。

という話しさ。